<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
5月の菜園

 

こんにちは。

ご無沙汰しておりました。

今年は色々と忙しく、5月は6月の作品展の追い込み準備で必死。

苦笑。

それでもできる範囲で菜園のお手入れを。

もっとたくさん時間を作りたいと思いながら、むむむぅ・・・。

今年はGWに夏野菜の植え込みを終えたので、

後は草むしりをしながら、植物たちの成長を見守ります。

 

毎年たくさんの花を咲かせてくれる、

イングリッシュローズ、「クィーンオブスウェーデン」。

私のセレクトとしては珍しい直立性のバラ。

でも、名前にスウェーデンとついたらそばに置きたい。笑。

優しいソフトピンクのおすすめのバラ。

 

 

深いブルーのジャーマンアイリス、

ビフォアザストーム。この子は丈夫だなぁ。

ジャーマンは、天候や他の植物の影響ですぐ球根が驚くほど

小さくなる。私の畑だけかな。

でももっといろんな色を植えてみたい。

今は、6種類。

 

 

ずっと探していたガーベラの原種。

昨年山形の「ののの市」でほんの2ケース販売いたしました。

皆様のお庭でもこの可愛いお花が咲いてるといいな。

少しずつでも増えてくれると嬉しいです。

菜園の恐ろしい寒さと霜柱にも踏ん張った子。

 

 

オルラヤ・グランデフローラはこぼれ種子。

もっと広い土地なら一面に咲かせたい。

 

 

こちらは、大好きな、

「ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリカム」

毎年良く咲いてくれます。

このシャンデリアみたいに咲くお花が私は好きみたい。

 

 

随分前の「バラとガーデニングショー」の植栽で使われていた、

セアノーサス「マリーサイモン」。

必死で探して購入しましたが、

最近はまたほとんど見かけなくなりました。

可愛いお花が咲きます。今つぼみ。

 

 

このアリウムは名前は何だったか・・・。

おすすめされて思い切って1球買ってみたものの

すぐにクッタリと地上部がなくなり、

お亡くなりになっちゃった。涙・・・と思っていたら、

ちゃんと芽が出てきた〜!

かわいいっ。

 

次の菜園のご紹介は、

もしかしたら6月の作品展が終わってからに・・・。

その前に東京都調布市で開催されます

「Go Green Market 2017tokyo」に出店いたします。

いつものように植物たちもたくさん連れて行きますので、

ぜひ遊びにいらしてください。

 

詳細はHPのトップのお知らせをご覧くださいませ。

http://www.ljd-herisson.com

 

 

クリスマスローズたち〜Vol.1〜

こんばんは。今日はお雛様ですね。

我が家のお雛様は私が生まれた時に

母が私に似ているお顔を随分と探しまわったそう。

なので、ふんわりまあるい顔をしています。

 

お日様のエネルギーが日に日に強くなり、

菜園のクリスマスローズ達も日に日に蕾が膨らんできました。

そして鉢物のクリスマスローズ達はほぼ咲きそろったかなぁと。

 

クレオパトラ 380.jpg

 

クレオパトラ2017-380.jpg

 

最初に咲き始めてくれた広瀬園芸さんの「クレオパトラ」。

広瀬さんの作出されるクリスマスローズは欲しいものがいっぱい。

しっかりとした株で、広瀬さん独特の表情を持つ、

魅力的な子がたくさんいます。

 

卑弥呼 le-Jardin-du-Herisson-380.jpg

 

こちらは昨年我が家にやってきた若泉さんの「卑弥呼」。

深い深紅に赤いシベをもっています。

素敵な赤で存在感があります。

今がとてもきれい。

 

若泉園芸 セミダブル ベイン クリスマスローズ380.jpg

 

若泉園芸さんのセミダグル。

年々しっかりと大きな株になってくれて、

今年は20輪以上咲いてくれています。

この筋張った感じがビオラと一緒で好きなのです。笑。

 

吉田園芸-セミダブル-2017-380.jpg

 

超多弁花でも人気のある吉田園芸さんのセミダブル。

この子、ほとんど上向き、もしくは斜め上横向き?に咲きます。

咲き進むとネクタリーが日に日にモリモリしてくる。笑。

大好きなセミダブルコレクションは、暑さで元気をなくして、

蕾を持たない子もいるのですが、この子は元気。

大株になって、上向きのお花がたくさん咲いたら可愛いかも。

 

3月に入ったら、庭仕事がいっぱいに。

疲れていても、無心で庭仕事をすると生き返ります。

皆様も愛しい植物たちのお世話頑張ってください💗

ビオラ「evolve」とHORNSEAの器。

le-Jardin-du-Herisson-ビオラ380.jpg

 

こんにちは。

少しずつ腱鞘炎が良くなってパソコン作業も短時間なら痛いけど

少しできるようになってきた・・・。喜々。

昨年12月の「Go Green Market」の時に、

会場でディスプレイ用に購入した大牟田さんのヴィオラ「evolve」

1株ずつ違う表情を持った「evolve」はどれも素敵ですが、

私の大好きなアンティーク調のブルーのお花を見つけました。

HORNSEAの器と渋い組合せだったのに、

たくさんの方にこの組み合わせがとっても素敵。と・・・。

自分の好きな雰囲気を好きだと思ってくださる方が

たくさんいらして嬉しかったです。

同じお花はないのですけど・・・とお店をご紹介しました。

器は、本日HPにupいたしております。

http://www.ljd-herisson.com

1960〜80年代のイギリス製です。

 

le-Jardin-du-Herisson-evolve380.jpg

 

なんて美しいのでしょう。

この水彩画のような微妙な色あいとコントラスト、

そして私のこだわりの筋が入った感じ。

私のツボをしっかり押さえてます!笑、

葉の形状小さくて丸い葉。

いつも小鳥達にお花をついばまれ、

購入時以降はお花を見ることがないので、

今年ことは買うのを止めておこうと思っていたビオラ。

でもまた買っちゃったなぁ。

こういうお色味の良いお花を

herissonでもご紹介できたらいいなぁ。

 

le-Jardin-du-Herisson-evolve-blue.jpg

 

こちらは少しブルーが強いもの。

でも絶妙な色あいがやはり美しいです。

少しだけ徒長気味だったので、一度切り戻して、

今は小さな株になっています。

 

腕が治ったら、版画制作もしたいし、新しいお品もご紹介したいし。

やること、やりたいことがいっぱい。

健康に気をつけて頑張ります!

 

2017年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

le-Jardin-du-Herisson2017380.jpg

 

新年明けましておめでとうございます。

昨年中、お世話になりましたたくさんの方々に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

2017年も頑張ってまいりますので、「le Jardin du Herisson」をどうぞ宜しくお願いいたします。

 

新しい年を迎えて、皆様は元旦は初詣に行かれたり、ゆっくりお家で過ごされたり、どのようにお過ごしでしょうか。

私は近くの神社へ初詣に行き、甘酒を頂いて、おみくじを引き、空を眺めて、「あぁ〜、新年が始まったんだなぁ」と感じる。これが近年の元旦の過ごし方。今日は暖かくて、雲1つない青い空でしたので、空をパチリと撮りました。

 

昨年クリスマスの頃、ギターの練習中に右腕をひどく痛めて、腱鞘炎なるものがどれほど痛いものかを知りました。ギターで痛めた次の日にドラムも叩いてしまって・・・。「火に油を注いだね・・・。」と骨格矯正の先生に言われました。涙。それにしても、この痛さ、尋常ではないのですね。夜も痛くて眠れず、これがまだしばらく続くかと思うと、新年も実は少し憂鬱に迎えたのですが、これも勉強。でも、パソコンのキーボードを打つのも痛いので、さすがに早く治らないかな。と願っています。

 

新年はまた少しずつ新しいことにチャレンジしていきたいと考えておりますので、これからも温かく見守って頂けましたら幸いです。

風邪等引かぬようにどうぞご自愛くださいませ。

 

Go Green Market〜hand made〜

こんばんは。

いよいよ明日に迫りました「Go Green Market fall 2016」。

本日は、搬入なので、朝まで少し寝ましたら、

車に荷物を積み込んで、調布まで行ってまいります。

 

さて、今日までコツコツと作ってきました、

北欧風「きのこのアレンジメント」をご紹介します。

スウェーデンでの暮らしの中で、

素敵だなと感じたナチュラルなアレンジメントと、

北欧の人々が愛する森をイメージしています。

スウェーデンで少しずつ買い貯めたきたキノコ達の登場です。

 

北欧のきのこと八角.jpg

 

白くお化粧した八角ときのこたち。

ナンテンの白い実もかわいいでしょう。

 

キノコのオーナメント380.jpg

 

herissonのオリジナルの鉢に、モスや少しずつ拾い集めた

ちょっと変わったドングリの枝や北欧のモスなどを使って。

そして我が家の大切なオリーブの葉たちも登場してもらいました。

きのこの数が限られているので、

大・小それぞれ、5個ずつの限定です。大は6個だったかな。

クリスマスが終わっても、楽しんで頂けるのではと思います。

 

きのこ380.jpg

 

このきのこは、私の手作り。なかなかよくできてる。笑。

と思うのは私だけかな〜。

こちらは、今回ご紹介するかわいい鉢の見本に作りました。

銅版画でもきのこの作品を作っているので、

何だかきのこが可愛くて、来年はherissonオリジナルの

色んなきのこを作れたらいいなぁと。

 

今回のGGMは、12月という季節もあり、草花の苗は少なめです。

多肉植物は、いつもより若干少ないですが、

今回は、美しい苗を作っていらっしゃるおらいさんの

オリジナル交配種のエケベリアをご紹介します。

魅力的なものが多くございますので、ぜひお楽しみに。

 

「blogをいつも見ています。」と声をかけてくださる方が

時々いらして、とても嬉しいです。

ありがとうございます。

今回も会場でお会いできますことを心より楽しみにしております。

ぜひお声をかけてくださいね。

 

いつもGGMの公式HPで店舗のご紹介をしてくださるのですが、

今回は私のミスで掲載されませんでした。(以後気をつけます。)が、

出店いたします!笑。ので、

一人でも多くの方にGGMに足をお運び頂けますように

願っております。

では週末にお会いしましょう!!

Go Green Market〜dry flower〜

blog20141108GGM3.jpg

 

毎回ご好評頂いておりますherissonの菜園で取れた、

アナベルのドライフラワー。

薬を使っていないので、安心してお部屋に飾っていただけます。

 

GGM-fall-2016リース380.jpg

 

私が作るアナベルとオリーブのリースもいくつかお持ちします。

ナチュラルな雰囲気がお好きな方に喜んで頂けたら嬉しい。

 

 

GGM-fall-2016バラの実380.jpg

 

バラの実もいつも人気です。

このまま吊り下げてもかわいいし、ボトルにそのまま挿したり、

リースに飾り付けて頂いてもかわいいです。

Go Green Market〜ヴィンテージ〜

 

 

GGM-fall-2016オーナメント380.jpg

 

こんばんは。

来週末はいよいよGo Green Market fallが開催されます。

お天気予報では、今のところ晴れそうです。ヤッタァ〜。

今回は初めて12月の開催。

いつもとは少し違う雰囲気も出したいなぁと思っています。

本日から開催まで、できるだけ用意している品々を

ご紹介してゆきますね。

 

クリスマスが近いので、スウェーデン伝統のオーナメントや

クリスマス刺繍が施されているかわいいヴィンテージの布ものなど

北欧の品を持っていきたいとセレクト中。

 

GGM-fall-2016器380.jpg

 

herissonの定番として人気のイギリスのヴィンテージの器、

「HORNSEA」は、秋の装いにピッタリの色あい。

今回も使い易いカップ&ソーサーやキャニスターなどをお持ちします。

 

明日は秋のGGMでいつもご好評頂いております、

ドライフラワーをご紹介いたします。

ダイヤモンドリリーとサフラン。

ダイアモンドリリー380.jpg

 

こんばんは。

今日は久しぶりにお陽さまが出て、気持ちが良い1日でしたね。

明日も暖かいみたいです。

 

すっかり寒くなり、ベランダや菜園のお花も随分少なくなりました。

もう冬支度ですね。

そんな中、今ちょうど美しく咲いてくれているのは、

純白のダイアモンドリリー。

この子は、植物を増やすのがとても上手な友人から頂いて、

大切に育てています。毎年よく咲いてくれます。

ダイアモンドリリーは切り花としても、長く楽しめるので、

毎年育てるサフランの球根と一緒に窓辺に。

サフランは、お花を楽しんだあと、

パエリアかサフランライスを作るのに使いたい。

高級なサフランですが、

球根から育てて、お料理に使うのは楽しいです。

 

スウェーデンの朝食380.jpg

 

それから、久しぶりにゆったりと北欧を楽しむ朝食。

スウェーデンのシロップを入れて焼いたパンは、

ほんのり甘くて、しっとりしていて、そのままでも美味しい。

それにパスタとオムレツをベルサのお皿にのせて。

どんなに忙しくて時間がなくても、朝のカフェオレだけは飲みたい。

朝たった5分でもこの一杯をゆったりと飲めるかどうかで、

その日1日の心のゆとりが違ってくるように感じます。

 

好きなことに真っすぐにこだわる。

それは誰にとっても、ささいなことでも、

とても大切なことなのでは。と思うのです。

HERISSONのANTIQUEたち。

テーブルセット380.jpg

 

こんばんは。

また久しぶりの更新に。

1ヶ月が本当に早い。

先日久しぶりにお会いした方から、

最近blogがなかなか更新されてませんね。と。

あちゃ〜そうなのです・・・。頑張ります!とお伝えしました。

でも楽しいランチタイムをゆっくり過ごしました。

 

11月初旬、herissonが揃えているアンティークに

どんなものあるのか教えて欲しいという依頼を頂きました。

実は、HPに掲載していないお品や

備品でイベントのディスプレイ用のものなどがたくさんあります。

ですので、それらを急遽撮影することになりましたので、

こちらでもちょっぴりご紹介します。

 

このテーブルの板は、イギリスのウェッジウッドの工場で、

100年以上前から使われていたもの。

風合いが良くて、どうしてもとお願いして譲ってもらったもの。

椅子はイギリスの1900年頃のチャイルドチェア。

 

チャーチチェア380.jpg

 

こちらは有名なイギリスのチャーチチェア。

これも100年以上の本物のアンティーク。

聖書を入れるBOXが背面についていて、

深い飴色が年数を感じさせます。

 

ベビーバス380.jpg

 

こちらはハンガリーの1900年前半のベビーバス。

アイアンの脚がだいぶ傷んでいるので、メンテナンス要だなぁと。

やることいっぱいだ・・・。

排水口の蓋が残っているものは珍しいそうです。

 

12月のGGMまで、1ヶ月を切りました。

今週からイベントの準備と告知を、

blogとFBより、少しずつUPしてゆきたいと思います。

ぜひチェックしてみてください。

寒くなりましたので、どうぞご自愛ください。

 

 

美しい秋のそら。

秋の空380.jpg

 

こんにちは。 お久しぶりです。

皆さま、お元気ですか?

いつもは走り続けていて、バタバタしている私ですが、

今年は、やるべきことはいっぱいあるけれど、

寝る間を惜しんで頑張るエネルギーがない・・・。苦笑。

 

体調がパッとしないこともあり、 そんな時は無理せずいこうと

ただ頭の中は、色んなことを考えてる。

深く、深く考えたりする。

走り続けていると考える暇がないくらい、一生懸命なのがいい。

でも、たまには立ち止まって、深く考察することが大切とも思う。

今年はそういう年だったのかな。

深く考えている時、それについて、

余り話をしたくないもの。

だからblogも書けないのかな。などと思ったり。

人ですなぁ・・・。

でも、仕事と銅版画、ちゃんとやっています。笑。

 

 

そんな私をよそに、季節は移り変わっています。

先日、久しぶりにのんびり過ごしたお散歩の途中でみた空。

ちょうどススキが広がっていて、秋だなぁと嬉しくなりました。

 

ここでお知らせを1つさせて頂きます。

毎年11月に開催されていた「Go Green Market Fall」が、

今年は12月の2週目の週末になりました。

ですから、毎年11月だったなと楽しみにしてくださっている皆さま、

少し寒くなりますが、12月の11日、12日(土、日曜日)、

herissonも出店させて頂きますので、ぜひ遊びにいらしてください。

お会いできますのを心より楽しみにしております。

 

そして、ベランダの多肉植物たち。

9月からずっとフェルニア達が順番に咲いてくれています。

今からはアロエのお花が咲く季節。 蕾が次々に上がってきています。

 

フェルニア380.jpg

 

この子は、何だったかな。

イベントにディスプレイで持っていったら、

ラベルが飛んでった〜。涙。

 

蛾角黒花380.jpg

 

蛾角の黒花種だそう。真っ黒ではないけれど。

蛾角は普通クリーム色です。

 

阿修羅交配380.jpg

 

阿修羅交配 トゲトゲがかっこいい。